フォト
無料ブログはココログ

ひとりツーリング

2017年11月16日 (木)

朝食と朝風呂

これからの季節

早朝から行動を起こすのが少々辛くなる

目覚ましで起きれても、なかなか布団から抜け出せれない

それでも、なんとか暗いうちに家を出発する

今日も家の用事で夕方4時までに戻らなければならない


今回、嫁さんから高速利用の許可を「片道限定」で有り難くいただいた

そんな事はどうでもいいが・・・


Imgp4143_01
午前8時すぎ

あっという間に串本に着いた

25年ぶりの串本

随分とアクセスが良くなったものだ



Imgp4166_01

せっかくの串本も時間が無いので足早に後にして・・・

今日の目的地の那智勝浦へ

そして・・・


午前9時すぎ
Imgp4172_01
朝食

味付けがしっかり目のマグロ丼  自分好み



Imgp4175_01

鮮魚店の店内で食事ができる

朝から営業しているのもうれしい

何回か来ている



Imgp4179_01
勝浦漁港 の外れ

やっぱり南紀、暖かさを感じる

そして・・・


午前10時すぎ
Imgp4180_01
朝風呂

同じ那智勝浦町にある公衆浴場

かなりお気に入りの温泉

何で気に入っているかは「過去記事を見てね」という事で・・・
http://bksquare.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-aa47.html

案の定、暫しうたた寝をしてしまった・・・



帰り道、十津川の道の駅でそばを食べ


Imgp4183_01

湯泉地温泉の公衆浴場「泉湯」に立ち寄った

施設は質素だが湯がいい   単純硫黄泉でほのかな臭いも好きだ

もちろん100%源泉かけ流し    年に数回訪れる

しばらく湯船でぼーっとしてから家路に就いた



ところで、京奈和自動車道の「五條北IC~御所南IC」が知らぬ間に開通していた
R24の渋滞を回避できてかなりの時間短縮になった
感覚的には30分くらいの短縮かと思う



本日走行 470km

せわしかったが楽しかった



なわてらいだー

2017年11月 8日 (水)

紅葉

先週の休日、ぶらっとバイクで出掛けた

吉野~奥吉野方面に紅葉狩り



Dscf1561_01

まずは吉野山の桜紅葉

いい感じで色づいてきている


上千本、奥千本を通り抜け

Dscf1567_01_2

林道吉野大峯線へ



先月の二週続けての台風のせいなのか

路面状況はよろしくない

Dscf1600_01

ぬかるみが落ち葉で隠れていて何回かコケそうになった

ゴロ石も多くペースを落とさざるを得ずストレスが溜まる



でも、ダイナミックな景色に

Dscf1596_01

思わずバイクを止めて深呼吸をする

気持ちいい^^




Dscf1652_01

黒滝村~天川村の標高の高いところは紅葉が進んでいた

吉野山からここまですれ違う者は誰もいなかった




Dscf1657_01

この日、今シーズン一番の冷え込み

家を出る時は真冬の装備

でも、日が高くなると暑くなってきたのでミドラーやオーバーパンツを脱ぐ

そしてトップケースにボンと放り込む

やはり、ケースはあると何かと便利だ



Dscf1654_01

五番関トンネルを抜けると洞川温泉まで一気に下っていく 



そして、紅葉名所の「みたらい渓谷」

全体的に見ごろまでもう少しといったところ

Dscf1662_01

穏やかに流れるエメラルドグリーンの弥山川


R309(旧行者還林道)を緩やかに上っていく

そしてお気に入りの風景

Dscf1686_01

川迫川渓谷からの鉄山の眺め

紅葉もいいが新緑の時季もとても気持ちいい




川迫川沿いに上流の方に進んでいくと

Dscf1692_01

山肌の色づきも一層増してくる




Dscf1698_01

弥山を望む小さな橋を渡ると





Dscf1727_01

行者還トンネルに向けて一気に上っていく

それにしても青空がなんとも気持ちいい^^



行者還トンネルを抜けて

Dscf1744_01

ナメゴ谷


お昼も近づきベタ光線のため

フォトジェニックを狙うカメラマンは誰一人いない


Dscf1746_01_2

定番スポット         ピークまであともう少しか・・・

ここも誰もいない


このあと、小処温泉でのんびりしようかと思っていたが

写真撮りに時間を費やし過ぎてしまいタイムアウト

家の用事で3時までに帰らなければいけなかったので

必死のパッチで家路に就いた

当然、昼めしは抜き(T_T)



カメラを持って出ると

すんなりとツーリングできない男である




なわてらいだー

2017年10月25日 (水)

なかなか

雨上がりの朝

霧が立ち込める中、バイクでぶらっと出掛けた

Imgp4102_01


2代目テネレを乗り出して3ヶ月

未だ1,700kmしか走れていない

結局は早朝に近場をウロウロするだけ    

それはそれで楽しいが・・・


なかなか遠出ができない

嫁さんにこっそりとETCカード使って遠出しようものなら

カード請求が回ってきた時にキャンキャン言われ面倒なことになりかねない

まずは嫁さんの機嫌取りからか・・・   



霧が晴れはじめ朝の光が湖畔に届く
Imgp4113_01
朝からウロウロするとこういった光景に出会える時がある


お客さんのツーリングみやげ話を聞くとうらやましく思う

でも、

遠出ができなくても近場ばかりでも

自分が楽しけりゃそれでいいやと自分に言い聞かせる



なわてらいだー

2017年10月11日 (水)

わきみち探索

黄色のクロスカブ

今まで“通勤の足”として以外に使ったことがない

まぁ、通勤用なので当たり前だが・・・

走行20,000kmを超え脂がのってきたので?“趣味”として使ってみることにした


で、奈良の近場で「わきみち探索」


Imgp4058_01

奈良公園   日が昇る前の静かな時間




Imgp4063_01_2

まずは、山添村の県道から




Imgp4065_01

室生辺りの広域農道を走りながら脇道を探す




Imgp4072_01

そして、また違う脇道へ




Imgp4085_01

面白そうな脇道?




Imgp4079_01

どんどん奥へ・・・



すると、

光のシャワーがふりそそぎ・・・

Imgp4074_01_2Imgp4077_01
       Imgp4081_01_2

              クロスカブが少し男前に見えた



そんなことも束の間、

Imgp4084_01

もう少し先に進むと・・・

Imgp4080_01

倒木で塞がれていた。。。

この倒木は何とか人力で退かす事ができたが、

その先に太刀打ちできない倒木があったため退散



Imgp4089_01_2

やっぱりカブはあぜ道が似合う?



帰り道、飽きずに・・・

Imgp4090_01

一応、名の付いた林道


序盤は小型トラックが走れる幅員があったが

Imgp4091_01

分岐を境に

Imgp4093_01

おいしい脇道になった


このあと県道に出て、もっと他にわきみち探索したかったが、

10時から散髪の予約を入れていたので大人しくあきらめた



早朝から120kmほど走りづめだったので、散髪屋でウトウトしてしまった。。。




なわてらいだー

2017年9月 6日 (水)

久々

久々にバイクでプチツーリングに出掛けた

2年ぶりに手に入れた大型バイクは・・・

Imgp3923_01

また「スーパーテネレ」

XT1200“Z”から“ZE”に出世したのだが・・・

電子制御サスペションが装備されていてなかなか面白い

それはさておき、いつもの如く早朝早起きして出掛けた

プチツーではお気に入りのルート

Imgp4009_01

柳生~宇陀の「やまなみロード」~曽爾・御杖村を経由して一路

Imgp4021_01

誰もいない道の駅で



Imgp4024_01

嫁さんに作ってもらったおにぎりをほおばる


そして飯高あたりで寄り道して山手の方へ・・・

Imgp4026_01



平日だからかすれ違う車は1台もない



Imgp4030_01

三重・奈良県境に位置する三峰山のふもとを走る広域基幹林道

全体的に展望区間は少ない



Imgp4027_01

ちょっと視界が開けたところでcamera

Imgp4031_01_2

ところどころ崩れている箇所がある

途中、「月出の中央構造線」に向かう急坂路
ギア1速でブレーキを引きずりながら下っていく

Imgp4035_01

途中、少し緩やかになったがすぐに急勾配になる



Imgp4039_01

約1kmが長く感じた
この道を上りたいとは思わなかった


Imgp4042_01

林道と集落の間にある獣害防止柵

Imgp4043_01



このあとR166に戻り快走
高見トンネルを通り抜け家路についた


今日の走行 240km
AM 5:30 出発     AM 11:00帰宅


やっぱりバイクはたのしい (^-^)



なわてらいだー

2015年6月27日 (土)

眠たいけどぶらっと

何かと忙しく、相変わらず寝不足の今日この頃

でも、せっかくの梅雨の晴れ間

眠たい目をこすってスーパーテネレでぶらっと・・・

いつもの近場をウロウロ


いつも素通りするけど・・・
Imgp2470_01
整備され過ぎた?「平城宮・朱雀門」周辺

自分が小学生の頃はだだっ広い原っぱが広がっていた
野外学習や友達と遊んだりとか・・・
朱雀門も第一次大極殿も何にも無かった


それはさておき・・・


Imgp2471_01
今日は横道にそれてみた


Imgp2478_01_2
軽快なペースは落ちるけど、集落と集落をつなぐ田舎道をあちらこちらへ・・・


Imgp2491_01
そのうちどこを走っているのか分からなくなった


Imgp2483_01
民家の軒先に入ってしまいワンちゃんに吠えられたり・・・

何とか県道に戻り高山ダムまでひとっ走り


Imgp2500_01
そして、毎度の月ヶ瀬の茶屋前で一息 
太陽が隠れてぼんやりとしたねむたい景色


Imgp2501_01
ところが、柳生まで戻ってくると気持ちのいい青空が広がった


Imgp2507_01
帰り道、いつも通る池にはスイレンが咲き始めていた


立ち止まってコンデジでスナップcamera

Imgp2509_01

Imgp2511_01

お昼くらいにはもっと花開くんでしょうけど・・・


AM 8:00 帰宅
本日の走行 140km


ところで、先日履き替えた
「BATTAX ADVENTURE A40」
今日は皮むきで慣らし
で、インプレッションは??

「ふつうにイイです!!」     ← 要はよう分からんちゅう事ですな


なわてらいだー

2015年5月28日 (木)

スーパーテネレでぶらっと ~大山・蒜山~②

①の続き・・・

周遊道路に再び戻り今度は大山の西側のルートを愉しむ


Imgp2253_01_01
大山放牧場
高原ムードたっぷりの風景・・・のはずが
どんよりと曇ってきてしまった


Imgp2256_01_01
でも、マーガレットが可愛らしく咲いていた^^



Imgp2266_01_01_2
枡水高原付近
別名「伯耆富士」の名がぴったりのなだらかな山容


Imgp2270_01_01
のどかな高原風景が続く メインルートから外れた穴場的?ローカル線
すれ違う車はほとんど無く快走快走!


Imgp2274_01_01
ちょっと道草


Imgp2277_01_01
ちょうどお昼時で田植え作業も昼休み・・・


Imgp2285_01_01
のどかな田舎風景を見つけてcamera



Imgp2276_01
さらに進むと険しい表情の南壁が再び見えてきた


お昼も1時に近づいてきたのでお昼ごはんに・・・


昨年はゴールデンウィークに訪れたので、お昼時には車の長蛇の列にもまれ食べる所はどこも満杯・・・
「一人ジンギスカン」を愉しむどころか「ひるぜん焼そば」すら食べそびれてしまった。。。
痛恨の昼めし抜きツーリングだった

なので、今年はGW期間を外し平日でリベンジ!!


Imgp2286_01_01
まずは、ノンアルコールビールでのどの渇きを癒し・・・


さっそく、「一人ジンギスカン」開始 (*^.^*)

Imgp2287_01_01
でも、この食べ方は間違い
半分くらい食べてから気付いた 


Imgp2288_01_01
正しい食べ方 (あまり美味しそうな焼き方じゃないけど・・・)


お店の人が料理を運んで来た時、箸がどうのこうの言っていたような気もしたが・・・

Imgp2286a_02
割りばし入れの下の方に書いてあった
「まず一番に鍋の周囲に野菜をのせ、次にラードを鍋の全体に塗り、最後に肉を上部にのせて焼き過ぎにならないうちにお召し上がりください」

要は自分がちゃんと聞いてなかっただけ (゚ー゚;


Imgp2289_01_01
食べ放題なのでおかわり^^

ほんまもんのビールが飲めて家に連れて帰ってくれるなら・・・ もっと・・・
「おかわりくださーい!」と連発するのを我慢し・・・
レストランを後にした。。。


それにしてもやっぱり平日!
普通にお客さんは居たが、半分位の席は空いていた


で、おなかが満たされると眠くなる・・・

Imgp2290_01_01
なので?温泉へ
世界有数のラジウム泉を誇る

まずは、三朝温泉発祥の地とされる
Imgp2296_01_01
公衆浴場 「株湯」
近年リニューアルされたようできれいな建物

温泉街の中心部より離れていることもあってか(平日と言うのもあるが)観光客は自分位
それにガラガラに空いている   居てるのは地元の人のみ
「う~ん、ローカルでいいなぁ~」


20110725005718218_01
浴槽は石板造り  3~4人が入れるくらいの広さ
湯口はなくお湯は浴底から導かれ、窓下の浴槽縁にある排水溝へふんだんにお湯が溢れ出ている

源泉温度は51℃  供給されている湯は44℃くらい
泉質は放射能泉(ラジウム泉)
加水・加温・循環・消毒は一切無いようである
いわゆる「源泉かけ流し」?

実際に湯に浸かると体がピリピリしてくるほど熱い
そう長くは浸かってられないので浴槽の縁に座っていてもじわっと汗ばんでくる

長湯は出来ないけど再訪はありかな?・・・ そんな温泉



Imgp2300_01

レトロで風情のある温泉街をてくてく歩き・・・

Imgp2331_01

三朝温泉のシンボル「河原風呂」へ

三朝橋からcamera
Imgp2327_01
公共の混浴露天風呂 (無料)
ちょっとしたよしずで目隠しされているだけ
手前が足湯


Imgp2306_01_01
チラリズム満点


Imgp2319_01_01
開放感は超タップリ!!
男女共用の脱衣場は湯船から丸見え~
女性の入浴は相当の勇気が要るなこれは・・・

お湯はぬるくはないが出たり入ったりで長湯は楽しめる


Imgp2329_01
記念撮影用の顔出し看板の後ろの「ヌード」の文字がよろしい

もう少しゆっくりしたかったが、もう夕方5時を回っていたので三朝温泉を後にし帰路に就いた


中国道恒例の宝塚西トンネル手前の渋滞も緩和されていてスムーズに帰れた

PM 7:50 帰宅
本日の走行 720km


なわてらいだー

2015年5月27日 (水)

スーパーテネレでぶらっと ~大山・蒜山~①

Z休日も何かと忙しく遠出できなかった4月

そしてシーズンなのにもう半ばを過ぎてしまった5月

そして先週の休日、「さぁ、出かけるぞ!」と気合を入れようとも

このところ残業続きの寝不足でおっさんの体は疲れが溜まっとります

なので明け方の出発をあきらめ、AM 6:40 すぎ自宅を出発

近畿道と中国道ではすでに朝のラッシュ渋滞発生 (>_<)

目的地に向け全力疾走!?



Imgp2202_01
AM 9:20 すぎ  天気は快晴sun


Imgp2206_01
高原中心部に続く快走路
行き交う車もなく貸切状態  ス~イスイ^^


Imgp2209_01
高原ムードが味わえる r422蒜山高原線沿いから・・・
平日だからか、よりのんびりムードが味わえる


Imgp2213_01
大山の東側、倉吉市の町から高原へアクセス
集落を抜けると直線路が続くおすすめルート
大山周遊道路の合流前後では気持ちのよいワインディングが続き爽快!


Imgp2214_01
東大山大橋
周遊道路に入り大山の山々が近くなってきた


Imgp2219_01
鏡ヶ成
「大山のマッターホルン」とも呼ばれる烏ヶ山をバックにcamera
鏡ヶ成湿原が広がる高原地帯


Imgp2220_01
大スケールの南壁が見えてきた
天気予報通り雲が広がってくるcloud


ところで・・・

ここ何年かほぼ毎年のように大山・蒜山方面にぶらっと来ている
スケールの大きい高原ルートを何とか日帰りで楽しめるからだ

何年か前、信州のビーナスライン~美ヶ原方面に朝3時半出発で日帰りで行ったことがあるが、GW期間で交通量が多くスケジュールも忙しすぎてあまり楽しめなかった記憶がある
(当時は休日高速1000円)

日頃、紀伊半島をウロウロしている身としては、大山・蒜山は比較的近場の高原地帯としてお気に入りのスポット



Imgp2222_01
奥大山
新緑のブナ林のトンネルを駆け抜ける


Imgp2228_01
鍵掛峠
大山の南壁  定番ビュースポット

ここで関東ナンバーのアドベンチャー系のバイクが数台入ってきた
皆、BMWのGS系・・・
駐車場に居た他の方から注目されていたが、自分のSテネレ君は見向きもされず・・・ (T_T)
やっぱり、BMWのGS1200系はいいなぁ~


Imgp2230_01
ずいぶんと曇が広がってきたけど新緑がきれい
紅葉の季節にも訪れたいなぁ


Imgp2232_01
周遊道路を外れ大山の裾野を走るおすすめ快走路
米子~大山のメインルート 
とは言ってもすれ違う車はほとんどなし


Imgp2236_01
大山の北西側のローカルな県道沿い


Imgp2237_01

牧歌的な田園風景が広がり心が和む^^

Imgp2244_01

視界が良ければ美保湾が望めたかも・・・


Imgp2252_01
ご苦労様です o(_ _)o
自分が見るこういった農作業の光景は、高齢の方が携わっていることが多い


周遊道路に再び戻り今度は大山の西側を目指す事に・・・


たいした内容じゃないけど②に続く・・・ m(_ _)m


なわてらいだー

2015年5月19日 (火)

久々の林道 ~野迫川村の林道~

②のつづき

P5050157_01
ソフトクリームをいただいた後は

野迫川村の林道をウロウロ・・・


P5050176_01
林道奥千丈線(舗装路)


P5050173_01
スカイラインから十津川村へ抜けるダイナミックなパノラマルート

今なお、4年前の災害の爪痕で全面通行止め区間あり・・・  通り抜け出来ず


P5050177_01
林道イタツゴ奥千丈線


振り返って・・・
P5050178_01
向こうの尾根にのぞむは「ごまさんスカイタワー」


P5050182_01
標高1200m付近からイタツゴ谷を走る高低差約500mの林道


P5050180_01
ガレガレの時も多いが今日は整備後のようで非常に走りやすい


P5050190_01
どんどん下って行きここら辺は展望区間


P5050194_01
山肌の新緑が清々しいcamera


P5050200_01
最後は舗装路になって村道に合流


P5050213_01
川原樋川沿いの新緑


P5050207_01

きれいなので camera

P5050208_01




次に向かったのは林道川原樋川線 
P5050219_01
r733とr734を結ぶ川原樋川沿いの林道 (現在、通り抜け不可) 
r733側から進入


P5050225_01
この林道、はじめは展望はきかないが
気付くと結構高い所を走っているトラバースルート


P5050226_01
谷深い所に川が流れている


P5050232_01
落ちたら即アーメン


P5050236_01
所々ガレているところもあるが全体的に走りやすい路面状況


P5050238_01
支線の林道タイ谷線


P5050243_01
P5050244_01
終点は立ち入り禁止の共同作業場があるピストン林道

以前は路面欠損箇所もあるガレガレ林道の時もあったが今日は走りやすい



本線に戻り水力発電所(稼働しているかは不明)を過ぎると・・・

P5050253_01
何とかパスできそうだが・・・  すぐその先は・・・


P5050249_01
7年以上手付かずの崩落現場    r733入口から約7km地点

ピストンで折り返すとする


P5050257_01
こちらも長年谷へ落ちず絶妙にバランスしている廃車両


P5050261_01
休日なのにすれ違う車もない狭路の県道を走り・・・


P5050276_01
「ホテルのせ川」で休憩


P5050266_01
アマゴのから揚げ   親子丼とともに・・・

この界隈はアマゴの養魚場があり、川原樋川への放流も行われている
毎年4月頃が漁解禁らしい


P5050268_01
誰も居ない貸し切りの温泉で体をほぐし・・・


休憩後は再びピストン林道をウロウロ


P5050281_01
林道コノ谷線


P5050283_01
林道終点の先はコンクリートの上り坂で・・・


P5050284_01
崩れて道が無くなっている?
地図ではもっと奥まで道がありそうなのだが・・・



P5050291_01
林道ホラ谷立里線


P5050287_01
木々の中を行く整備されたフラットダート

このまま荒神岳がある立里方面に抜けられると思いきや・・・


P5050286_01
ここも崩土で道が埋まってる?それとも造成中?
また機会があれば、山上の林道終点側から下ってみよう


P5050290_01
夕刻になり谷は山陰に入ってきた


P5050292_01
山肌の新緑が夕日に照らされ・・・  camera


P5050295_01
1年2か月ぶり ひさびさの雲海景勝地
「長いこと雲海撮りに行ってないな~」と思いつつ・・・


P5050299_01
時刻は午後5時を回り・・・


P5050304_01
野迫川村を後にし、家路に就いた


からだがパンパンになった。。。


本日の走行  約280km  (うちダート約70km


なわてらいだー

2015年5月16日 (土)

久々の林道 ~護摩壇山今西林道~②

①のつづき

林道半ばまでは比較的走りやすい状況


P5050073_01
お馴染み?「カロゴン」の廃車両が放置してある分岐点


P5050075_01_2
ここの支線に突撃


P5050079_01
すぐに道なき道なって・・・


P5050081_01
崩土なのか道が無いのか・・・  行き止まり。。。


P5050083_01
ここから先はガレた路面が多くなるが今日はまだ走りやすい


P5050084_01
バイク1台分の幅員しかない事が多いこの箇所も整備されている


P5050092_01
そろそろ林道後半になるがここまで通行困難箇所はなく順調


P5050096_01
新緑のトンネルが続くフラットダート♪


P5050099_01
新緑のトンネルを抜けると・・・


P5050102_01
P5050104_01 
一気に展望が広がる!!


P5050105_01
3年前の倒木箇所もガレ気味の事が多いが今日はご覧のとおり・・・


P5050108_01
新緑と青空が気持ちいい^^


P5050115_01
つづら折りの支線にチョイとおじゃま


P5050112_01
何年か前は崩土で通行不能だったが、丸太で補強整備され現在は通行可能


P5050114_01
実際に走ってみると結構な勾配
時間が掛かりそうなので支線完走はまたの機会に・・・


P5050117_01
P5050122_01
西側区間のガレ場に差し掛かる


P5050125_01
名物?コンクリ橋


P5050127_01

ガレガレ区間が続く 

P5050132_01
 
パンク&コケないように・・・

P5050134_01

何より転落しないように・・・

P5050140_01



ガレガレも一段落し・・・ 

P5050144_01
またまた新緑とフラットダート♪

「ごまさんスカイタワーまでもう少し!」 と、思いきや・・・


P5050146_01

「・・・」

完全通り抜けまであと約3kmの地点
全長約37kmのロングダート
このまま引き返すのも悔いが残る・・・

何とか行けそうな気がした?ので突撃!!

P5050147_01
そして真ん中辺りでドツボに・・・ (>_<)

画像で見るより実際は道筋はかなり狭い
両足を着く事は愚か(斜面側に)片足を着く事すら難しい

おまけにぬかるみ気味でタイヤの溝は土で埋まり
スロットルを開けると谷側へテールスライド・・・  落輪寸前
近くにあった丸太棒で意味のない悪あがき 


P5050148_01
なんとか脱出

汗だくになった


P5050149_01_2

しかし、無茶をした事に深く反省。。。

1430825026_2

気を取り直して・・・


P5050151_01
ヘアピンカーブのところ
ここも整備されていて走りやすい


P5050152_01
ヒヤヒヤした後なので、特に爽快な気分?

P5050153_01
ゲート  最終難関? 


P5050156_01
和歌山県最高峰の「龍神岳」山頂はすぐそこ


P5050160_01
ごまさんスカイタワーの駐車場に無事到着

今西~護摩壇山、なんとか通り抜け出来たが、、、


5/5現在

「護摩壇山今西林道」

完全通り抜け可


いやっ、不可!!!



あの崩落箇所は危険!



P5050157_01
お目当てのソフトクリーム^^


つづく・・・


なわてらいだー

より以前の記事一覧