フォト
無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

2015モデル Z800が入荷しました!

強烈なインパクトを放つ“Z”シリーズ

その次男坊、“Z800” の2015年モデルが遅まきながら入荷致しました!

P2280001

カラーは、「キャンディフラットブレイズドグリーンメタリック」

簡単に言えば、つや消しの緑です(^-^;


P2280008

カタログの、 「刺激的でアグレッシブ」 

そんなフレーズ通り、睨みをきかせたフロントフェイス


P2280004

そして、狙った獲物をはなさず追うが如くのクラウチングスタイル

そんな刺激的なストリートファイター!

でも、車格とパワーは日本の道でジャストなミドルサイズです!!



extra.        ちょっと邪魔なんですけど・・・
P2280003





なわてらいだー

2015年2月26日 (木)

カニ

休日に、一泊で兵庫県の佐津(香住)へ行ってきました (家族で。子供に学校休ませた悪い親)

Imgp1685_3

日本海の冬の味覚、松葉ガニ

Imgp1686_2

やっぱり本場で食べるカニはうまい!!  


ゆでガニ、活カニ刺し、カニしゃぶ、焼きカニ、カニ天ぷら、カニみそ、カニスキ・・・

フルコースを堪能しました^^



そして翌日、但馬の地酒「香住鶴」を買って帰りました

Imgp1790_01

これまた、うまい酒^^



なわてらいだー

2015年2月23日 (月)

ヤマハ ニューモデル情報

~毎日乗れる、スーパースポーツ~

のコンセプトで、クラス最高レベルのエンジンパワーと高回転まで回して楽しいエンジンパフィール、そして軽快かつスポーティなフットワークで爽快な走りを実現し、昨年末の発売以来人気を博している「YZF-R25」の兄貴分が、本日、ヤマハ発動機のホームページで発表されました!


20150223_003
YZF-R3(ABS)

乗りやすさとスポーツ性をバランスさせ、街中から高速道路までゆとりのある走りを実現したマシンに仕上がっているとの事です。

このクラスの中で、上限の400ccではなくなぜ320ccなのか?

先日行われたヤマハ正規店会議の中で、開発担当の方がしきりにPRしていたことが、

「パワーウェイトレシオ」

クラス最高レベルのパワーウェイトレシオを誇るのだそうです!

フレーム・足回り・外装など車格は「YZF-R25」をベースに、車重は僅か1kg増(YZF-R25ABS比)に抑え最高出力は6psアップ。

排気量アップに伴う大幅な重量増を避け、シャーシとエンジンパワーとのバランス、そして「YZF-R25」の特性を失わない、高回転まで回して楽しいエンジンと250ccクラスの軽快なフットワーク。

「YZF」シリーズ共通のスーパースポーツ性能を目指したと言えるんじゃないでしょうか?
(ひょっとしたら、他に大人の事情?があるかもしれませんが・・・)


排気量が直接影響する最大トルクが他社ライバルと比べ低いので、「ゆとり」(トルク感)という点で走ってみてどう感じるか・・・? 車重と相殺されるか??

気になるところですが、来月に販売店向けの試乗会がありますので、そこらへんを気にしながら乗ってこようと思います!


YZF-R25のABS標準装備車、トリシティのABS標準装備車も本日リリースされました。


詳しい情報はヤマハ発動機のホームページで
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/blog/2015/02/20150223-001.html
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/yzf-r25/



なわてらいだー

2015年2月20日 (金)

CB400&1300 スペシャルエディション

Hondaを代表する人気のロングセラーモデルに、ダークトーンのメタリックカラーを主体色に落ち着いた印象を与えるストライプを施し、大人の上質感を演出したスペシャル・エディションが登場しました!



存在感のあるスタイリングと質感の高い造り込みで、ベテランライダーを中心に高い支持を得ているCB1300シリーズ


Piccolor01_2
CB1300 SUPER FOUR E Package Special Edition


Piccolor02_2
CB1300 SUPER BOL D’OR E Package Special Edition

※タイプはE Package タイプのみで、通常モデル(パールサンビームホワイト)より16,200円アップとなります。




全域爽快の「HYPER VTEC Revo」エンジンを搭載し、ライバルの追随を許さないCB400シリーズ

Piccolor03
CB400 SUPER FOUR <ABS> Special Edition


Piccolor04
CB400 SUPER BOL D’OR <ABS> Special Edition

※タイプはABSタイプのみで、通常モデル(パールサンビームホワイト)より16,200円アップとなります。


いずれも受注期間限定モデルで、最終受注は2015年6月8日までとなっています。



詳しい情報は 

http://www.honda.co.jp/news/2015/2150220-cb400sf.html?from=copy

http://www.honda.co.jp/CB1300/special/

http://www.honda.co.jp/CB400SF/special/



なわてらいだー

2015年2月16日 (月)

Kawasaki キャンペーン情報

P2160041

3月1日から「免許取得キャンペーン」と題して、新規に普通及び大型二輪免許を新規に取得された方を対象に、「JCBギフトカード」をプレゼントするキャンペーンが始まります!(6月30日まで)

但し、KAZE会員であることが条件です(車両購入時に同時加入OK)


カワサキ春のキャンペーンとしてはすっかり定番となりました!!



詳しいキャンペーンの内容は  ↓   ↓   ↓

2015campaign_002

http://www.kawasaki-motors.com/mc/kinfo/2015_kinfo-02.html



S2015_04campaign

http://www.bright.ne.jp/information/2015_04.html


なわてらいだー

2015年2月15日 (日)

珍しいバイク

「近未来」と「COOL」をテーマに開発

圧倒的な存在感を放つ新コンセプトモデル

NM4-01

昨年の4月に発売されもうすぐ1年が経とうとしていますが・・・

P2120001

恥ずかしながら、、、     当店販売第一号です (゚ー゚; 

今頃になってやっとです。。。 

偶然とは言え、今まで話すらなかったものが二台同時に売れるとは・・・


P2120009


それにしても“バイク”という感じがしません  (←自分の感覚が古くさい?)


P2120002

「戦隊もの」かなんかに出てきそうです

このNM4、ホンダお得意ののDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)搭載モデル

走行モードも搭載され、力強い走りとイージーライドが両方楽しめます


また、ビジュアル的に凝っています

P2130018  P2130019
ニュートラル                  Dモード

P2130020_2  P2130021
Sモード                      MTモード

メーターパネルの色が自動可変し、走行モードが直感的に分かるようになっています



P2130026_3 P2130022_2

「COOL」さをさらに引き立たせるLEDヘッドライトを搭載



起立式のピリオンシートを起こすとコックピット感覚が味わえてゆったりクルージング

P2150030
にあわねー  足伸びきってるやん


そして、新オーナー様のリクエストにより・・・

P2150031

ピンクの「LEDストリップテープ」を装着   ムーディに (*v.v)。

P2150034

今回の作業担当スタッフN君が激写 camera   ピンボケ・・・



P2150039

日本無線の「JRM-11」を装着すると、メーター内のETCインジケーターランプが作動します



ところで、、、

このNM4、今まで街中を走っているのを見たことがありません



今さらの内容でスミマセン m(_ _)m



なわてらいだー

2015年2月12日 (木)

通勤の足

愛車のセローが盗難に遭ってから10日あまり

昨夏から「通勤快速号」として活躍していたので、そろそろ別の足を調達しなければ・・・
(つなぎでマイカー通勤しているが、毎日のコインパーキング代がバカにならない)


で、足選び・・・

また同じセローにするか?通勤手段として割り切ったものにするか?

もちろん同じセローに越したことはない。
林道の走破性はもちろん、フロント21インチホイールと柔らかくコシのあるサスペションによって、舗装路のギャップや轍にも大きくハンドルを取られることもなく、ワインディングもそこそこのペースで走り抜けたりもする。
粘り強い低速域や高い最低地上高によって縁石を気にせずスリ抜けも可能で、「通勤快速号」としての適性も十二分。

しかし、、、

今回は不意の出費のため予算的に厳しく、「同じ物買ってまた盗られたらどうすんの!」と嫁さんの猛反対で泣く泣く却下 (T_T)

ということで、通勤手段として割り切る事にしてスクータータイプに絞り込み。




下道オンリーで原付二種か?高速道路も視野に入れて軽二輪か?

もちろん通勤オンリーで割り切れば原付二種。ガソリン代はもちろん、税金・保険代も安くつく。特に任意保険でファミリーバイク特約に加入出来る点は大きなメリット。

とは言っても、、、

セローの時は林道はもちろんスーパーテネレのサブとしてプチツーなんかでも使っていた。なので自動車専用道路を頻繁に通っていた。 (名阪国道や京奈和自動車道の無料区間)

「イザという時に・・・」 そんな大義名分の下、下心が芽生え出し・・・
「保険もセローのヤツからスライドすればエエ事やし・・・」

ということで?、軽二輪に絞り込み。とは言っても、250ccスクーターは大き過ぎるので150ccクラスに。



PCX150?  それとも マジェスティS?

通勤スクーターとして優等生なのは間違いなく PCX150  (個人的な見解)
ESPエンジン&アイドリングストップ機能で優れた燃費性能と8リッター燃料タンクがもたらす航続距離。
足を投げ出す格好のゆったりとしたライディングポジション。
全灯火類、LEDランプ標準装備で視認性&被視認性&ファッション性バツグン!

でも、燃費性能は劣るが「走り」のマジェスティSも気になる・・・

バイク販売店に勤めていながらも自分の事となると素人同然。
「PCX150  マジェスティS 違い」 でネット検索し出す自分。 

すると、、、

以前、自分が書いたこのブログ記事にヒットして・・・
それを読んでミョーに納得する自分。。。     (゚ー゚;


ということで・・・


P2110032_01
マジェスティS          ダルレッドメタリックD

「PERFORMANCE OF MAJESTY S   すべては、スポーティな走りのために。」

のキャッチコピーに惹かれたので・・・


P2110029_01_2 P2110030_01_3
     P2110031_01_2

ウインドシールド、ナックルバイザー、グリップヒーター、リアキャリアをオプション装着

この際、格好は気にせず「快適通勤仕様」 (^^)v


このところヤマハ車が続いているけど特にヤマハ党という訳ではないのだが・・・

身長178cmの自分にとって窮屈なシートと高いフロアボードでビミョーなライディングポジション。

さほど燃費の良くないエンジン、乗り心地も硬そう。

マジェスティSのインプレ・レビューは既にたくさんの記事が出ているが・・・


普段乗り慣れないスクーター、どうなる事やら。。。



我が息子達よ!将来の学資金に手を付けてスマン!!



なわてらいだー

2015年2月10日 (火)

限定400台 ZRX1200 DAEG 入荷しました!

P2100005


伝説が蘇る。


P2100007

限定400台

ZRAX1200 DAEG   カワサキ正規取扱店特別仕様車



P2100018 P2100019

レトロな雰囲気で80年代を彷彿とさせ、往年の名車 「Z1000R」 のテイストでまとめています


P2100024

専用設計のオーリンズ社製リアサスペション


P2100001 P2100003

別でオリジナルの箱に入って来ますので純正サスと付け替えをします


その他には・・・

P2100010 P2100016
ゴールドアルマイト加工のエキセントリックチェーンアジャスター・ゴールドホイール&キャリパーを装備


P2100011 P2100015
ゴールドのスピンマークと“Kawasaki”ロゴ・リンクル塗装のヘッドカバーで高級感を演出

P2100020 P2100028
“フライングK”のゴールドプレート・ゴールドアルマイト加工のフォークトップキャップ


P2100026
80年代を感じさせる、復刻ライムグリーン塗装


メーカーの方は既に完売となり各販売店入荷分のみとなりますので、購入をお考えの方はお早目にお近くの「カワサキ正規取扱店」へ!


もちろん当店も1台だけですが在庫有りますので、お近くの方はお気軽にご来店ください!!



なわてらいだー

2015年2月 9日 (月)

民家でいただく蕎麦とほっこり温泉

この間の休日、嫁さんも仕事が休みだったので一緒に車で出掛けた

AM 8:00 子供が登校してからぼちぼちと出発

行き先は奈良県十津川村の温泉郷

いつもは独りでぶらっとバイクで「源泉かけ流し温泉」を楽しんでいるが、『たまには』と思い嫁さんを連れて行った次第。。。

朝の通勤時間帯と重なったが2時間40分ほどで十津川温泉郷に到着

お昼ごはん時には少し早い気もしたが、ちょっと気になるお店?(民家?)があったので立ち寄ってみた

Imgp1603_01

「そば処」ののぼりが無ければ普通の民家

お店の名前も見当たらないし、営業しているかどうかも分からない

民家の敷地に黙って入り込むような感覚で車を止めて入口へ・・・

Imgp1599_01

ここも普通の民家の玄関先だが、「のれん」でお店である事が確信?出来る具合

扉を開けて入るも同じような・・・

黙って人の家に上がるような感覚

「こんにちはー、やってますかー」

で、奥から

「どーぞー」

とお母さん(お婆ちゃん)が出迎えてくれた


Imgp1588_01

通された店内?も田舎の民家の部屋 (といってもかなり広い)

この日は日差しがたっぷりで暖かく少し眩しかったが縁側の席に着いた

Imgp1587_01

早速お母さんは石油ストーブに火を入れくれて、「寒かったら言ってくださいね」と言って台所に戻って行った

実際は全然寒くなかったのだが、こう言ったさりげない対応が何とも心和む

他にお客さんが居なかったおかげで、田舎のおばあちゃん家に遊びに来た、どこか懐かしささえ感じることが出来て「ホッ」と気持ちになる

ただ、目の前にはいつも家で見ている顔が・・・  まっ、いいか。。。


このお店にメニューというものは無い

Imgp1595_01_2

お蕎麦にバラ寿司、アマゴ?の甘露煮、小鉢の付いたセットメニューのみ  1300円

お蕎麦は温か冷かが選べる

バラ寿司はうれしいおかわり自由

Imgp1596_01

なので、二杯ずつ二回おかわりして計五杯いただいた

お蕎麦もバラ寿司も素朴な田舎風の味わいで、甘露煮も骨まで軟らかく丸かじり出来て、薬味の自然薯が蕎麦とつゆに絡まり、どれも美味しくいただくことが出来た

(後で分かったがお店の名前は「尾張屋」と言うらしい)



お腹も満たされ・・・  お次はいい湯をいただく事にする

Imgp1638_01

まず立ち寄ったのは十津川温泉郷の中の湯泉地温泉「泉湯」

奈良・和歌山の数ある温泉の中でもお気に入りのひとつ

ここでうれしい事が!

二月一杯、十津川温泉郷「源泉かけ流し宣言」10周年記念として温泉感謝祭が行われていた(10年前と言えば2004年に温泉偽装問題が発覚した年)

20150130_1010156

村内の宿・飲食店・商店を利用した人に温泉無料券が配られるというもの

そうでない人も100円で入浴できる (村内四ヶ所の公衆浴場)

で、さっきの蕎麦屋では何もくれんかったが・・・  まぁ、100円で入れるからいいか・・・
(無料券配布施設ではなかったようだ)



「泉湯」、「滝の湯」、「庵の湯」と三ヶ所巡った

以下、以前にも同じような画像を何度か載せていますが・・・m(_ _)m

Imgp1607_01 Imgp1613_01
「泉湯」


Imgp1656_01 Imgp1657_02
Imgp1661_01_3 Imgp1672_01_3
「滝の湯」

湯泉地温泉の「泉湯」と「滝の湯」はアルカリ性単純硫黄泉

ほのかな硫黄の良い匂いがするお湯


Imgp1645_01 Imgp1643_01
Imgp1647_01 Imgp1649_01
「庵の湯」

十津川温泉「庵の湯」はナトリウム炭酸水素塩泉

国道下にある二津野ダム湖畔が望める内湯のみの浴場

足湯や飲泉場もある


「泉湯」と「滝の湯」の浴槽水データで源泉率80パーセントとあったが
Imgp1637_01 Imgp1674_01
この時季(12月~3月)は冷ますための加水の必要が無いため源泉率は100パーセントとなるようである   (実際に受付の人にも聞いてみた)

「庵の湯」
Imgp1650_01_2 Imgp1651_01_2


ところで、十津川温泉「星の湯」は時間が足らずで行けなかったが、それでも存分に「源泉かけ流し」の湯を堪能出来た

今まで幾度となく訪れている温泉郷だが、素朴な雰囲気で温泉名所にありがちなガヤガヤした賑わいも良い意味で無い

いい温泉郷は何度訪れても飽きることはない


それにしても、温泉巡りはそれなりに体力を消耗するものだ・・・


午後3時半、十津川村を後にした



往復5時間余りのドライブ
助手席にはフカキョン似の意綺麗なお姉さん、そして会話も弾み・・・
助手席には口をポカンと開けてグースカ寝ているオバハン(嫁)が・・・
これが現実。。。




なわてらいだー

2015年2月 7日 (土)

まもなく入荷

伝説が蘇る。

P2070033_2

ZRX1200 DAEG

限定400台のカワサキ正規取扱店特別仕様車



往年の名車「Z1000R」を彷彿させるカラー&グラフィックとこだわり装備を満載


当店では2月10日(火)に入荷予定です!



なわてらいだー

2015年2月 5日 (木)

ニューモデル情報

本日、ヤマハよりニューモデルがリリースされました!

一昨年に登場した「BOLT」の派生モデル

BOLT-C ABS  &  BOLT-C        (BOLT  cafe)

Color01_001
ベールブルーメタリックJ

Color02_001
マットグレーメタリック3


コンセプトは “V2 Powerful Modern Caferacer”


セパレートハンドルの採用やフットレスト位置変更でカフェレーサー風にまとめ、スポーティで一体感のあるライディングポジションを実現


主な変更点は・・・
Color01_002zoomjpg_2
画像クリックで拡大

↑ 頑張って(販売店向け資料をマネして)作ったけど見にくかった・・・


詳しい製品情報は >>> コチラより 


なわてらいだー

2015年2月 2日 (月)

ワンポンド

1/27のブログの続き



早々に仕事を切り上げ coldsweats01

P1270002

ビーフ ビーフ sign03  restaurant


当然、迷うことなく confident


P1270003

CABサーロイン ワンポンドステーキ  lovely

P1270005

450g 

もちろんボリューム満点ですが punch

「ツーポンドステーキ」なんてのがあれば注文していたかもsign02

アラフィフのオッサンのくせしてはだ~いスキです smile



ところでウチのやまちゃん、出費を抑えようと密かにメール会員になっていましたが・・・

その割引分、きっちり上乗せして注文させていただきました bomb   あまいんじゃ!



やまちゃん、ゴチでした happy01


P1270006

いい先輩たちに囲まれてとっても幸せそう heart01 



なわてらいだー

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »